チェシャ猫のシッポ‐3‐

on :2010/5/6

白うさぎ「今だ!」帽子屋を受け止めるはずの白うさぎは、ギリギリまでひきつけておいて、直前にジャンプして帽子屋の頭上を越える。そのため、帽子屋はそのまま地面に激突。そのまま地面に、シュタっと降り立つ白うさぎ。白うさぎ「なっ?」と嬉しそうな顔で、振り向く。ハンプティ「何が!?」アリス「ちょっ、大丈夫!?」と帽子屋に駆け寄る。帽子屋「キスしたら目覚めるよ」アリス「それじゃあ歯ぁ食いしばってくれる?」と拳に力を入れる。帽子屋は目をつぶったまま「どんだけ情熱的なキスなんだ!」ハンプティ「いや、殴られるだけだと思う」そこに、狂暴化したチェシャ猫が森のほうから木を倒しながら登場。

「4」に続く。


« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

コメントをする