鬼ごっこ‐2‐

on :2010/4/17

ハンプティ・ダンプティ「くっそーもっと速く走れたら・・」と、ぜーぜーと疲れた表情。白うさぎ「まかせろ!」白うさぎが、頭の上に輪っかのようなものを装着して見せる。輪っかには棒がついていて、その先端にはひもが垂れており、ひもの先にはニンジンがくくりつけてある。ハンプティ「ま、まさか!」ハンプティ「エサで釣って走らせ・・」と思ったところで、白うさぎが棒をへし折りニンジンをガツガツと食べだす。ハンプティ「って食うんかい!」と突っ込み。突然、白うさぎが「ぐはー!!」と言いながら吐血。アリス「えっなに!?」ハンプティ「ニンジンを釣っていた針だと思う」と、チェシャ猫も汗をかきながら、3人共、緊迫した面持ち。倒れて目を閉じたままの白うさぎを囲みながら、みんなで「白うさぎ」「白うさっ」と口にする。アリスが「なにか言って!」倒れたままの白うさぎが唐突に575の短歌を詠む「三日前 アリスのオヤツを 食べました」 アリス「こっ、今回は許す!」アリスとハンプティと白うさぎは、ふぅと汗を拭いながら歩く。でも、白うさぎだけは幽霊のように口からフワフワと浮かぶような形になっているため、チェシャ猫が「にゃ!」と驚きの表情を浮かべる。


« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »

    1 つのコメントがあります "鬼ごっこ‐2‐"
  1. #1 Jessie

    And I am not now, and have never been, and will never, ever be “an interesting human being”.Yes it sounds slightly awkward, I am not a fan of “human be1;8&#g22in, in that case I prefer the simple German Mensch, or the jiddisch mensch, if you like. Would you prefer unpleasant geezer , f**ing bastard? There, you can have that too.

コメントをする